メルボルンにてリスタート

オーストラリア メルボルンへ2007年10月移住。
フリーエリア


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オーストラリア土産にどうですか Crumpler Clearance Store 

仕事バッグが欲しくて、行ってきましたCrumpler Clearance Store Hawthorn。

なんでも「高いなぁ」と思えるオーストラリアで、
ここだけはいつ行ってもお買い得品があるのでお気に入り。

170412DSC_3618.jpg

今日買ったのはLAP TOP BAGS The Hee-Goar (HG-05A)。
おそらく2世代前のものだと思うのですが、
定価$195がなんと7割引の$58.50。

170412DSC_3619.jpg 170412DSC_3620.jpg
中身はこんな感じ。


さて、このCrumplerという会社。

Crumplerのきっかけは1992年にBallaratに住んでいたある男性が
自転車でビールのスタビ(カートンの箱)を運べるように丈夫なバッグを作りたくて、
おばあちゃんのミシンを借りて試作してみたけれども上手くいかず、
もっと丈夫に作りたくって生地を探しにパラシュートメーカーに行きました。
1993年の事です。
それを対応したのが当時パラシュートメーカーにいたStuart‘Stu’Crumplerで、
彼の試作バッグを見てインスピレーションが沸き、$20で中古のミシンを買ってきて
バッグを作ってみたところから始まったのです。

それが口コミで広まり、自転車メッセンジャー会社をやっていたDave RoperとWill Millerが
その噂を聞き丈夫で使いやすいStuのバッグをオーダー。

そうこうする内に1995年、
3人でCrumpler Designsを立ち上げたといういわれの会社です。


という風な歴史がある故に、
メルボルンの街中ではこのバッグを持った自転車メッセンジャーを見かける筈です。
とにかく丈夫で機能的でデザインが野暮ったくないのがこのCrumplerの特徴。

そんなCrumplerの旧モデルがメインとなりますが、
お買い得品を扱っているCrumpler Clearance Store Hawthornは
Grenferrie駅から徒歩圏内。

メルボルン土産に最適ですし、私にしてみれば$100も払ってすぐに壊れてしまう
しょぼいバッグを買うくらいなら(この国ではありがちな話)、
型遅れでも安心できるこのバッグのほうを選びます。


Crumpler Clearance Store Hawthorn

640 Glenferrie Road, Hawthorn, Melbourne, VIC, Australia
http://www.crumpler.com/AU/


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

海外生活ブログ  オーストラリア情報へ
人気ブログランキング 地域情報(オセアニア)へ
ポチッとしてくれたあなた、ありがとう!!

関連記事

[ 2012/04/17 23:25 ] 買い物 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Google Adsense
カスタム検索
全記事表示リンク


adgger
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。